こんなまいにち

アクセスカウンタ

zoom RSS わからなくても

<<   作成日時 : 2010/08/26 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

夏といえば(もう終わりなんだけど…)忘れられないことがあります。
それは大学3年の夏休みに実習先で起こった出来事。

児童養護施設(さまざまな事情で家庭で暮らせない子どもの生活施設)で
10日だったか2週間だったか…泊り込みの実習をしていました。

家族がときどき面会に来てくれる子もいれば
そういうことがまったくない子もいる中で
その日、おばあちゃんが面会に来てくれた女の子が、夕食のあと
「恥ずかしいわぁ…来なくていいのに」みたいなことを口にしました。
その子にしてみたら、面会者がいない他の子への手前もあったり
来てくれるのが、両親ではないことへの複雑な思いなど
いろんなことが胸中にあったのだろうと想像されます。

でも、面会に来てもらえない他の子たちにとっては
そんなふうに言うことは許せなくて
女の子を取り囲んで口論になってしまいました。
口げんかのうちは、その様子を見守っていたのですが
とうとう、ひとりの男の子が手をだしてしまいそうになったので
「手を出すのはあかんよね」と、止めに入って
結局、その場をおさめたのですが…

遠巻きに見ていたひとりの女の子が
「先生(私のこと)には私らの気持ちはわからへんねん!」
と叫んで、部屋を出て行ってしまいました。
そうやなぁ…そのとおりやなぁと思いました。

その夜、子どもたちを寝かしつけたあとの反省会で
担当指導者の先生に、その出来事を報告しているうちに
どうしようもなく泣けてきてしまいました。
どうしたところで、その施設で暮らす子どもたちの気持ちを
ほんとうにはわかることができないのが苦しくてたまりませんでした。

じいっと私が話すのを聴いてくださった指導者の先生は
「それでも、あなたはわかりたいんやよね?」と
涙を浮かべておっしゃいました。

それが、ずうっと心に残っています。

どんな相手のことも、その気持ちをほんとうにわかることは
いくらがんばってみても、どうしてもできないのだけれど
そのことを知っていても「わかりたい」と思い続けること
寄り添おうとし続けることはできるのだと思っていたいです。

20年以上経った今も、やはり同じように苦しくなるときがあります。
そのたびに「それでも、あなたはわかりたいんやよね?」を思い出すのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も昔、ある人に同じようなことを言われた経験があります。
「解ったふりをするよりも、解らなくても 解りたい・解ろうとする気持ちのほうが、ずっと大事。」
心の支えになっています。
☆麦穂星☆
2010/08/27 01:15
人を思いやるということは、難しいですね。でも本当に、わかりたいと思う気持ちが大事ですよね。
みさちゃん
2010/08/27 11:58
●☆麦穂星☆さん
そうでしたか。同じようなご経験が
おありだったのですね。
ずっと心の支えになってくれるものって
ほんとうにありがたいですよね。
えむ
2010/08/28 00:32
●みさちゃんさん
ほんとうに難しいですよね。
自分自身も、わかろうとしてくれる人の思いを
大事にしなくちゃ…と、ときどき反省です…。
えむ
2010/08/28 00:35
「私は全部わかってる」と思うより、「私はわかってない。だから、わかりたい」と思う方がずっとずっといいと私は思っています。
私はおかげさまで健康でお金の苦労もしていないけれど、ご病気で経済的に苦労されているひとのことをわかりたい。どれだけ苦しくても相談の電話を閉じないのは、わかりたいからです。
がんばろう。がんばり続けられるのは幸せなことです。
坦々麺、また行こうね。今度は東京で一番美味しいところにエスコートします。
きょこ
2010/08/28 17:47
●きょこちゃん
ありがとう。そうなんですよね。
このときの先生の言葉も支えになりましたが
私を導こうとしてくださるこの先生自身も
苦しい思いをしながら「わかりたい」と
がんばり続けていらっしゃるんだなぁと感じて
そのことそのものも深く残っているんです。
がんばってる人たちの存在が、身近にあることが
常に支えになっている気がしています。
ほんとうにありがとう。がんばります。
えむ
2010/08/29 01:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
わからなくても こんなまいにち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる